カードローンは学生でも利用できるのか

カードローンは基本的に未成年は利用できません。例外的なサービスを除けば利用年齢が20歳以上とされています。しかし学生が利用できないという事はなく、20歳以上であれば利用出来る可能性が高いのです。

 

法律上未成年だと契約がなかったことにされてしまうため18~19歳の学生はまず利用できないと考えて良いでしょう。20歳以上であればアルバイトなどの定期的な収入があれば問題ありません。つまり20歳のフリーターと同じような扱いになるわけです。

 

また、大学生であれば既に起業しているような人もいるかもしれません。こういった場合も含め収入があればカードローンを利用する資格があると言えます。

 

ただし学生のカードローン利用には多少の制限があります。というのも、通常の社会人と比較するとアルバイトなど不安定な収入の場合が多いため業者としても安心して大金を貸す事ができません。そのため融資される金額の上限が低く設定されがちです。

 

学生で急に大金が必要になることは少ないとは思いますが、融資される金額が少額であるという点は注意しておきましょう。

 

アルバイトなどの収入もない学生の方は基本的にカードローンを利用できないと考えましょう。あくまでも収入があれば学生でも借入ができるという事です。収入がない場合は素直に親に頼るなどの方法を考えると良いでしょう。

 

大手消費者金融のモビットの必要条件にしても、学生でもアルバイトによる安定収入があり、年齢を満たしていればクリアが可能です。