重要な総量規制について知っておく

カードローンを初めて使う人にはちょっと聞いたことがない言葉に総量規制というものがあります。こちらは2010年に改訂されて貸金業法というもので定められたものであり、キャッシングやローンにおける借り過ぎトラブルを未然に防ぐために定められたものとなっています。

 

その内容というのは年収の1/3以上の貸付を禁止するものや、あるいは借入額が50万円を超える場合には収入証明の提出が必要となるというものです。これによって事前に過剰な借入や返済能力を見極めることができるので、現在では多くの消費者金融でこちらが守られています。

 

そのために年収のない専業主婦主婦などは基本的に消費者金融で借入をすることができませんが、実はこの総量規制というのは対象外となる商品も結構多く存在しており、それはおまとめローンと銀行系ローンとなっているのです。

 

こちらは主婦でも借りれるところがありますが、限度額は低く抑えられるという特徴があります。また、おまとめローンというのは基本的借り手に利益をもたらすものとして用いられるために、金融トラブルを未然に防ぐといった総量規制の方針とは反しないために、年収の1/3以上でも借入をすることができます。

 

このように総量規制はキャッシング界でも大きな影響を与えたものなのです。

 

ただ注意をしておきたいのは、いくらおまとめローンとは言っても誰でも利用ができるものではない点です。今までの返済がしっかりとできていること、返済の見込みがあることなどを満たさないとおまとめローンの審査には通りません。

 

詳しくはおまとめローン利用で人気が高いオリックス銀行のおまとめローン審査で見ておくと良いでしょう。